• ホーム
  • 認知症のレビー小体病のリスクや性病治療、婦人病とは

認知症のレビー小体病のリスクや性病治療、婦人病とは

2019年07月26日

レビー小体病とは、認知症の一種です。
認知症と言えばアルツハイマー型が有名ですが、このレビー小体病はその次に数が多い認知症であり、前者が女性を中心に後者が男性を中心に発症しています。
男性は女性に比べて短命な傾向がありましたが、近年では日本人男性の長寿化が進みました。
長寿化自体は素晴らしい事ですが、同時に男性高齢者の平均年齢が上がった結果、レビー小体病を発症なさる人々も増えたのです。

その病気の特徴として挙げられるのが、いわゆる幻視と現実の錯覚です。
幻視の事例としては「昆虫が自室を這いずりまわっている」や「蛇がベッドの上にいる」等といったものになります。
また「幽霊が見える、他人が部屋に存在している」や「独立したはずの娘や息子が帰宅している」等といった人間の存在の錯誤が起きるパターンもあります。
現実の錯覚症状としては、「自分の年齢を幼児または子供だと勘違いする」や、「家族や親戚の人々が、妖怪や赤の他人とすり替わっていると訴える」等の事例が存在します。

レビー小体病もまた恐ろしい病であり、高齢の男性とその家族は要注意です。
翻って若い女性は性病治療について正しく知識を持ちましょう。
婦人病とは誰もが人生の中で一度や二度は抱える健康問題です。
おりものに関する違和感、女性器周辺の痛みや不快感、性器近くの腫れやコブ、そういった症状は、女性特有の性病を示すサインです。
明らかに心当たりがある場合は迅速な性病治療が必要になります。
女性の場合は皮膚科や婦人科、性病科などで性病治療が受けられます。
また気になる症状が出ているものの、セックスをした経験がない女性や、最近性的な行為をした覚えが無い方などは、いきなり性病治療に訪れるのではなく、自宅で検査出来るSTDチェッカーを使ってみるのがおすすめです。

関連記事
陰部の臭い、かゆみがある場合は性病治療が必要かも 2019年07月10日

体には様々な不快な症状が現れることがありますが、陰部もまたトラブルが起きやすい部分です。陰部がかゆみがある場合などは下着や衣服などの刺激によるものもありますが、ときには何らかの疾患が起きている場合があります。女性の場合は陰部にかゆみがあるだけではなく、おりものがいつもより臭いなどの症状があることで異

2019年07月10日
性病を治す性病治療と症状や原因について 2019年05月26日

異性と性行為などをすると性病に感染することも稀にありますから、注意が必要になってきます。性病になってしまった場合は、性病治療をすることによって治すことが可能ですが、そのまま放置していると、女性の場合、妊娠ができなくなってしまう恐れがありますから、なるべく性病にならないように予防をするということが重要

2019年05月26日
性病を知り治療する方法と性病治療の選び方 2019年05月16日

性病は性行為で感染する性病ですが、不特定の異性や同性と性行為を行った場合だけではなく、残念ながらパートナーがキャリアであった場合は性病に誰もが感染する可能性があります。性行為をした後、1週間ほどで性器等に違和感を感じたら速やかに行動に移すようしてください。性病を知る方法というのは、病院でしかないと考

2019年05月16日
性病にならないための簡単な対策と性病治療について 2019年06月10日

例えば陰部などに違和感を感じたり、亀頭部分にできものができた場合は、もしかしたら性病にかかって、性病治療をする事態になる恐れがあります。特に男性の場合は、症状がはっきりと出やすいので、性病かどうかの判断がしやすいという特徴があります。このような状態になった場合、すぐに検査をして、薬を服用したりすれば

2019年06月10日